即日融資の申し込みに収入証明書は必要?

MENU

即日融資の申し込みに収入証明書は必要?

・なぜ収入証明書を提出しなければいけないのか

即日融資でお金を借りすぎて返済できず困ってしまうケースは後を絶ちません。そのため法律で定められたのが、融資を申し込むときに収入証明書を提出することなんです。

 

収入証明書とは源泉徴収票や給与支払い明細書、課税証明書などを指します。これらを提出することで、借入をしてもしっかり払い続けることができる収入があるのか確認できるわけですね。

 

自分が会社からいくら給料を受け取っているのか、それを証明するために必要なわけです。ところが場合によっては提出が必要なときと不要なときがあります。

 

・収入証明書の提出が必要な場合

「消費者金融の場合」

借入が50万円以上の場合、そのほか他社からの借入合計が100万円以上の場合に提出を求められます。

「銀行の場合」

銀行によって設定に違いがあるようで、借入が100万円以上で必要になるところも、300万円以上で必要になるところもあります。

 

・収入証明書の提出が不要な場合

「消費者金融の場合」

借入が50万円以下の場合は収入証明書の提出は必要ありません。

「銀行の場合」

借入が100万〜200万円以内の場合、収入証明書の提出は必要ありません。

 

・なぜ消費者金融と銀行では違いが生じるのか

提出が必要な金額は、消費者金融のほうが低く設定されていますね。これは消費者金融に総量規制が設けられているためです。

 

総量規制というのは、申込者の年収の1/3までしかお金を貸してはいけません、という法律です。消費者金融のほうが低いのは、総量規制を守ってお金を融資するためなのです。

 

・一番身近にある収入証明書とは

やはり給与支払い明細書ではないでしょうか。毎月発行してもらえるものなので、捨てたりせず大事に保管しておくことが大切です。

 

源泉徴収票も年に一度発行されるので、給与支払い明細書と一緒に保管しておくことをお勧めします。どちらもなくしてしまった、という場合は、お住まいになっている市町村から課税証明書を発行してもらいましょう。